,

 
バイオはりとは


       

★はり・灸治療は

鍼灸治療は体全体のバランスを整えることで体質改善を行っていくものです。鍼灸治療は免疫力や低下した内臓機能を改善する効果もあり、生活習慣病はじめとする病気の予防にも期待できます。

鍼灸対応疾患一欄表

以下は鍼灸が特に有効とされる症状で、当院の得意分野でもあります

不妊治療

生理痛,月経困難症,PMS

花粉症

円形脱毛症

偏頭痛,緊張性頭痛

頸椎症

 五十肩

 三叉神経痛

肋間神経痛

術後痛

腰椎椎間板ヘルニア

 腰部脊柱管狭窄症

 膝痛 

股関節痛

 スポーツ障害

梨状筋症候群

筋・筋膜疼痛症候群

パーキンソン病

糖尿病性ニューロパチー

ED 

交通事故後遺症とむち打ち

癌性疼痛の緩和

 イップス 

フォーカル ジストニア  

 腱鞘炎


鍼は痛みにとても効果的な治療法です.


  鍼の鎮痛効果は医学的にも確証を得ているものであり優れた効果を持っています.痛みは人間にとって異常を感じるための危険信号であると同時に、病気の治りを妨げる有害反応でもあるため、いち早く取り除くことが必要です.欧米や中国の医療機関では治療プログラムに幅広く組み込まれている程、鍼の確かな鎮痛効果は認知されています. 
 病気そのものは改善されていても頑固な痛みが依然として残るケースがあります.当院では生活習慣や体質に関する質問をしながら、患者様の痛みを理解した上で治療を進めていきます.また、通常の鍼灸治療に加え、疼痛部位への低周波通電や自律神経測定器などを使用することで,より効果的で体に負担のかからない治療を行っております. 
 痛みに対する治療は早めの処置が肝心ですが、慢性的な痛み、その他感覚異常やしびれに関する症状がございましたら、あきらめずに是非御相談ください. 

痛みに対する鍼の効果

 鍼鎮痛のメカニズムは以下の3つの効果が考えられています。 

神経系への鎮痛効果 

 通常,痛みの刺激(侵害刺激)は末梢神経を介して脊髄に伝わり脳へと伝達されます.たとえば,筋肉に痛みの原因がある場合,原因部位を正確に把握し上で鍼刺激を行うことで,本来の痛みの信号を脳まで到達させず,脊髄の部分で抑えることができます.この抑制によって痛みを減弱して感じるようになります.これはゲートコントロール理論と呼ばれていますが,鍼治療では,この性質を利用して鎮痛効果を得ることができます.

内因性物質による鎮痛効果 

 鍼治療の間に,鍼刺激によって体内で産生される鎮痛物質(エンドルフィン、内因性オピオイド)が放出されることが鍼の鎮痛効果として考えられています.また.神経伝達物質や神経ホルモンの分泌の変化によって障害部位を正常化する作用があります.鍼による刺激は視床下部および下垂体を活性化して多彩な全身的影響をもたらす可能性があると考えられています. 

血行改善効果 

  組織の緊張を和らげることで,血管が拡張し血行が改善され,疲労の原因物質である乳酸や痛みの原因物質が除去される作用により,筋の拘縮が改善されます.また神経根の周囲の血行や圧迫も改善され,神経痛やむくみにも効果があります.また,トリガーポイントや経穴(ツボ)に鍼刺激を与えることで鎮痛効果を得ることができます. 
 東洋医学では,人体に経絡というツボの経路があり,外傷や内臓に変化があると経絡上になんらかの異常が出るとされています.経絡の性質を利用した治療では,たとえば,胃腸の痛みや,生理痛など直接患部を刺激しなくても遠隔部のツボを刺激することで鎮痛効果を得ることができます.
 近年は,経絡の効能についても科学的な研究が行われており,研究成果からは鍼刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断するしていると言われています. 
 さらに生態のにより痛みの根本原因を改善,治癒することができます  

  • 痛みの鍼治療 適応症一覧

頭部、顔面部痛

頭痛、偏頭痛, 群発頭痛, 緊張型頭痛,三叉神経痛,舌咽神経痛,顎関節症,咀嚼筋症候群、顔面神経麻痺

頸・肩・腕痛

頸椎症(頸椎症,頸椎椎間板症,頸椎椎間板ヘルニア),頸肩腕症候群,外傷性頸部症候群(交通事故後遺症,頸椎捻挫,むち打ち)肩関節周囲炎(五十肩),頸腕症候群,胸郭出口症候群腱鞘炎,インピンジメント症候群,その他頸肩腕痛

胸・背・腹部痛

肋間神経痛,生理痛,月経困難症,その他胸背腹痛

腰・上・下肢痛

腰痛症,腰部脊柱管狭窄症,腰椎椎間板ヘルニア,腰椎椎間関節症,坐骨神経痛梨状筋症候群,尾骨神経痛, 股関節痛, 変形性股関節症膝痛,会陰部痛, 恥骨痛, 誘発性膣前庭炎症候群反復運動過多損傷,痛風の痛み(拇趾、その他の関節),その他腰下肢痛,

神経因性疼痛

筋・筋膜性疼痛症候群, 帯状疱疹痛, 外傷性疼痛症候群,  糖尿病性ニューロパチー(末梢神経障害)術後痛(開胸,開腹術後など, 末梢性神経損傷による疼痛),がん性疼痛(骨転移に伴う痛み, 全身性の痛み,絞扼性神経障害など複合性局所疼痛症候群(CRPS, 機能性浮腫心因性疼痛

 その他痛みやしびれに関する症状がございましたら、お早めにご相談下さい。

☆「バイオはり」は
  精力・気力のために!

店舗名

精力・気力の救世主 バイオはり

最寄駅

東京メトロ日比谷線「入谷駅」3・4番出口より徒歩

TEL

03-5808-9713

営業時間

8:0023:00

定休日

年中無休

得意なお悩み

頭痛・偏頭痛、たるみ(リフトアップ)、生理痛、自律神経失調症、
イライラ・不安
・ED・